就活

サイトマップ

若者の就職支援

ニートという言葉が一般的になってかなりたちます。職のない若者を支援するために、国も様々な政策を行っているようです。現在、引きこもりになっている若者の中には、仕事をしたいけれども働けないというジレンマを抱えている人もいます。これからの日本にとって大事な労働力である若者たちが、就労への一歩を踏み出せるようにさまざまな支援を行う制度があります。地域サポートステーションでは、若年層の就職支援を盛んに行っています。サポステと呼ばれるこの機関は、日本全国に存在しています。サポステでは15歳から39歳くらいまでの若者で働くことにさまざまな悩みを抱えている人たちに多様な支援サービスを行っています。厚生労働省から委託を受けた全国の若者支援の実績があるNPOや株式会社、財団法人、学校法人などが実施しています。キャリアコンサルタントのような専門的な知識を持つ人が、相談を受けています。どのような支援内容で若者を支えるか、その人その人に合わせたものを用意したり、臨床心理士のカウンセリングで心理面のフォローも受けられます。コミュニケーションスキルを学ぶグループワークや面接訓練など段階に応じたプログラムを複数用意しています。職場体験や見学をすることで、実際に働く現場で、仕事をすることへのとっかかりをつくるというものもあります。保護者を対象としたセミナーや個別相談なども行っています。すべての就職支援はすべて無料で受けることができるといいます。就職に悩む若者や家族は一度サポステの就職支援を受けることを検討してみてはいかがでしょうか。

新卒の就職情報の探し方

新卒者の就職活動では、新卒者を対象とした求人情報を適切に調べることが大事です。的確に新卒向けの情報を見つけるには、何をすればいいものでしょう。大手の新卒向け就職情報サイトもたくさんありますが、他にもいろいろな方法があります。特定の業種に専門化した就職支援サイトでは、中途採用と共に、新卒者を募集する求人情報が載せられることがあります。目指したい業界がある程度絞れているのであれば、そのようなサイトを利用するのもおすすめです。学校にキャリアセンターというものがあるので、そこを利用するのもおすすめです。キャリアセンターで得ることができる求人情報は、最初からその学校の出身者を採用することを想定しています。就職先として選ぶ際にも、卒業生を採用したことがある学校であれば心強いものです。ハローワークでも新卒向けの就職情報を得ることが可能です。新卒向けの求人情報を絞ってネット検索することもできるといいます。ハローワークは、ただ求人情報を探すだけでなく、就職活動について相談をすることもできます。飲食サービスや医療事務、販売職などの正社員を目指している場合には、採用人数が少ないので就職情報サイトになどに載っていないことがあります。求人情報が街中で掲示されていることもあります。駅に置いてある地域の就職情報誌などをチェックするのも良いでしょう。

「VIVA!就活」について

若者の就職活動

Copyright © VIVA!就活. All rights reserved